トピックス TOPICS

TOPICS

  • Blog

Subtitle for 創業セミナー&交流会

2015年4月開設時より、岡山県女性創業サポートセンターにてコーディネーターを担わせていただいています。個別相談、創業塾・経営塾の実施など多岐にわたりますが、年2度の実施イベントに「女性創業セミナー&交流会」があります。「誰のため 何のため」を繰返し、毎回内容を刷新。タイトルは同じですが、どこかが毎回違うセミナー&交流会となりました。そのなかで、私がひそかに「こだわり」を持ち、続けてしてきたコトがあります。

subtitleつけ。

subtitle。もともとの定義として、《テーマを匂わせる》、《購買(ここでは参加)意欲を沸かせる》、《シリーズ内での位置づけを示す》などがあるようです。このシーンにおいて私に一番しっくりくるのは《テーマを匂わせる》でしょうか。毎回《テーマを掲げる》ことを欠かさずしてきました。subtitleすべてに、参加される方々への、想いが込められています。(ひとつひとつ語るとかなり長くなるのでそれはまたの機会に)

タイトル「女性創業セミナー&交流会」

subtitle

2015  学び、つながる。

2016 輝き、創る。

2016 新しい笑顔と出会う、はじまり。

2017 未来を、創る。

2017 わたし、輝く。

2018 新しい、ステージへ。

(上記まで年度表記)

そして、

2019/02/02  さあ、明日へ。-here we go.

 

もし参加される方がこの記事をお読みいただいてたら、サブタイトルにも少し想いを馳せていただけるでしょうか。会場でお待ちしています。

 

村上紀子

 

 

Editor’s note; Every time, this event is a popular one that is be waiting for cancellation immediately after press release. I sincerely thank you for being a wonderful seminar by the creation by participants.

By the way, the subtitle for the event to be held on Feb.2nd./2019 was born while reading a favorite book. Those words can not be found here.