トピックス TOPICS

TOPICS

  • Functional Approach

  教育プログラム認定『ファンクショナル・アプローチ基礎研修』

ファンクショナル・アプローチ研究所から、教育プログラム『ファンクショナル・アプローチ基礎研修』の認定書が届きました。同研究所初の認定となります。

ファンクショナル・アプローチ(FA)は、米国で開発された後、日本では1950年ごろ導入されました。主に製造業、建設業で適用され続け(VEバリュー・エンジニアリング/VAバリュー・アナリシスと多く呼ばれてきました)、国内の「ものづくり産業」に貢献してきたことで知られています。

しかしながら、FAは、製造業、建設業での適用にとどまっていたともいえ、コスト削減のための手法というイメージが強かったのも事実です。価値向上のロジックは、コスト削減ばかりではありません。さまざまな価値向上の原理があるのです。

そのなかで、ファンクショナル・アプローチ研究所は、サービス業や人材教育ほか幅広い分野へFAを効果的に適用してきました。その功績と実績は日本ばかりでなく世界的に高く評価され、同研究所代表横田尚哉氏は、SAVE International(米国SAVE国際協会)から、最高名誉である「Fellow」称号を授与されています。そして世界標準のノウハウと、新たに開発された有益な技法の数々を、惜しみなく後進の私たちに伝授されています。

認定書を前に、あらためて自身のFA基礎研修受講当時に想いを馳せました。三日間、それまでと違う脳の使い方で、くたくたになったことが思い出されます。そして受講後に私が得たモノは、「クリエイティブな思考」と「課題解決ノウハウ」。得たコトは、「それまでと違う景色(視点)で、世の中が視えるようになったコト」。仕事がしやすくなりました。私がFAと出会えた時のように、あたらしくFAの使い手となられる方が生まれる場を持てることに、感謝すると共に今後も精進してまいります。

 

受講者募集中 2020年1月開催→詳細・お申込み

「FA研究所公認『ファンクショナル・アプローチ基礎研修』」