トピックス TOPICS

TOPICS

  • Functional Approach

   VALUE SUMMIT 論文採用

米国社団Save International 主催世界大会「73rd VALUE SUMMIT 」(2020年6月開催予定)にむけて、研究論文が採用されました。2018年より連続3回目の採用となりました。論文タイトルは、「The Function Analysis Business Planning System As New Methodology For Business Startups」(日本語タイトル「Function Analysis Business Planning System~機能分析からの事業計画作成法の開発~」)

 

ファンクショナル・アプローチを適用し、事業計画メソッド「Function Analysis Business Planning System(FABPシステム)」を、開発しました。「事業の早期安定化と高い実行力につながる事業計画策定」を目的に、体系的且つシンプルに構築しました。FABPシステムは、事業計画、事業実行、さらにマネジメントに至るまで、有益に活用することができます。もちろん、起業の事業計画以外でも使えるものになっています。

 

汎用性の高いファンクショナル・アプローチは、さまざまな課題に対して、より価値の高い解やアイデアを導きます。実に約80年の長い歴史を通し、世界中でこの高い技術が用いられ、さまざまな成果と高いVALUEを生み出し続けています。そして私は、その効力・効用はまだまだ、はかり知れないパワーを持っていることも、感じています。

 

VALUE SUMMITは、海外の専門家による適用事例や研究成果を直に知ることができる貴重な場です。世界中の専門家達による成果のシェアは、とてもぜいたくで、興奮に値する場。新たな知見を増やし、体験し、学ぶことが可能な場です。すべてが未来につながりますように。

 

今年のVALUE SUMMITは、ルイジアナ州ニューオーリンズで開催される予定です。「さまざまな文化が混ざり合い、独自の発展を遂げてきた美しい街」……と評される都市、とても魅力的ですね、興味深い場所です。

 

 

また、ご報告させていただきます。

 

村上紀子

・関連記事 ビジネスプランニングの本質

 

EDIT 1,新型コロナウィルス事情により、2020年6月ルイジアナ州ニューオーリンズにおける大会開催は中止となりました(updated on 2020.04.10)

EDIT 2,本カンファレンスは、VIRTUAL Value Summit として2020年6月に開催されます(updated on 2020.04.22)